汐留pitで運命感じちゃったから

愛する音楽について熱く語ります

みやじの足跡を辿る旅〜最終章〜

そんなこんなで赤羽を超満喫した二人。

f:id:miwaji304:20171217180110j:image

気が付くとお酒を欲していましたw

赤羽といえば飲み屋さん!

というわけでやってきましたOK横丁🙆

f:id:miwaji304:20171217180204j:image

実はお昼に友路有を出た後、一番街でおでん屋さんの誘惑にフラッとなりかけた二人w

待ちに待った時間!と言ってもまだ16時45分…

まあギリギリ許される時間帯だよネッてことで(誰に?w)とある居酒屋さんにこんばんは〜〜〜🍺🍶

17時過ぎには満席になりました!さすが金曜日!早めに入って大正解!!

此処でも赤羽住みたいね発言の二人。

ついついお酒が進み、酔っ払ってきたみわじですが

お隣のテーブルに座っていた常連の方といつの間にか一緒にお酒を呑んでこの世は最高!状態にw

千葉から来たことを告げると驚かれてました。

常連のお兄様が「赤羽にはエレカシが…」と仰ったので「エレカシ目的で来たんですよおお!」と目を輝かせる我々。

「そういえばあんた宮本に似てるな」

キタコレwwwwwww

(今までの人生の中で、似てると言われて一番嬉しかった)

ついにみわじ、性別超越w

憧れの人に似てるだなんて…勝手に認められた気分。

こりゃ赤羽住むしか無いですよね!

いつか住めるようにさぁ頑張ろうぜ…

エネルギッシュで温かくて優しい空気が流れる赤羽の街は、エレファントカシマシというバンドそのものでした。

f:id:miwaji304:20171217181820j:image

おわり。

 

みやじの足跡を辿る旅〜団地から川を目指す〜

そろそろ赤羽探訪レポートに飽きて来た方もいらっしゃるかもしれませんが(汗)、もうしばらくお付き合いください。

f:id:miwaji304:20171217172141j:image

この辺りの雰囲気が、私の育った千葉に似ています。

みやじの住んでいた赤羽台団地は再開発の真っ只中で、工事中であまりじっくり見ることは出来ませんでした。

団地の中にあった猿田彦神社も無くなってしまった為、なんとなく八幡神社へ行ってみました。

その途中で見つけたこちら↓

 f:id:miwaji304:20171217171126j:image

何処かで見たよな赤羽台の字体…!!

エレカシ47都道府県Tシャツ?!

ほら見てこれ

f:id:miwaji304:20171217173032j:image

(フェイスミュージック様の公式ツイッターから画像拝借)

これ、エレカシのサインの次くらいに興奮したw

たまたまですかね…?

八幡神社関ジャニ∞ファンの方々の絵馬で埋め尽くされておりました!←知らなかったのでビックリ。

ひとまずエレカシ47都道府県ツアー成功のお礼(何様?w)と、エレカシの四人がずっと元気に音楽を奏でられるようにと参拝してきました!!いやーいい気持ち。

神社の清々しい空気は良いですね。

f:id:miwaji304:20171217173950j:image

スッキリした気持ちの我等は川を見たくなって、北区と埼玉県の境界線まで行きました。

 f:id:miwaji304:20171217174412j:image

いやー、空がね!もうほんとうに美しいです!

f:id:miwaji304:20171217174454j:image

 川の水質がどうとか、そういうことではなくて

人の生活の中に川が溶け込んでるこの感じ。

f:id:miwaji304:20171217174611j:image

 シャイな近江屋も自然とこのポーズですよw

そしてRAINBOWごっこ

f:id:miwaji304:20171217174954j:image

正面から撮るとどうしても浮かぶのがファンキーモンキーベイビーズww

船越さんもかつてジャケットなってませんでしたっけ、、

f:id:miwaji304:20171217175302j:image

『今宵の月のように』のMVもこの辺り…?

ドラムのトミが荒川の橋の下でよく練習をしていたみたい。

 そしてまたこの字体発見w

f:id:miwaji304:20171217175601j:image

どこまでも面白い街です赤羽!

 

みやじの足跡を辿る旅〜商店街から団地編〜

デアから少し歩いたところにあるヤマハは、エレカシのメンバーがたくさん練習した場所。かつての【荒井楽器】だそうです。

『扉の向こう』というエレカシドキュメンタリー映画の中で大人になったみやじが訪れている特別な場所。

f:id:miwaji304:20171217160647j:image

ほほ〜、ここが…

しばし見惚れてから中に入る。

優しそうな受付のお姉さんが二人。

こちらにもサインが飾ってあり、撮影許可をいただきパシャ!!

f:id:miwaji304:20171217162235j:image

サインが二枚も!しかも上の方はエレカシ全員のサインー!!

みんな字が綺麗!

『扉の向こう』、YouTubeでしか観たことないからDVD買うべきですよね…

ああ感激。

ヤマハのお姉さん優しかった。。

エレカシのコンサートなんかがあると、ファンの方が結構いらっしゃるそうです。

まさに聖地。

ここからエレファントカシマシの音楽が生まれ育って行ったんだなあとしみじみ思う。

撮影の為だけにお邪魔した私たちを温かく迎え入れてくれたお姉さん、ありがとうございました!!

 

そのあとは赤羽台団地方面へ歩く。

途中に【吾作】を発見!

エレカシの同級生、たけちんがよく出前を取っていたというお店。(入らなくてごめんなさい)

f:id:miwaji304:20171217163437j:image

鶴瓶さんのA-Studioにエレカシが出た時の面白かったなあーまた出て欲しい。

鶴瓶さんが『星の砂』を絶賛していたのが印象的。

みやじが15の時に作られた名曲。

荒井楽器でも沢山練習したんじゃないかな。

ちなみに当時団地祭でこの曲が歌われたそうです。観た人レア過ぎる!!

さてどんどんと歩みを進めていくと…

f:id:miwaji304:20171217164120j:image

出ました!!

さーくーらのーーー花〜まいあーーがるーー♪

『桜の花、舞い上がる道を』 のMV撮影地です!!

ここでまた大はしゃぎするみわじと近江屋。

何度ジャンプしてもみやじのようには行きません。(脚の長さ問題)

f:id:miwaji304:20171217164728j:image

8回くらいジャンプしてヘトヘト

f:id:miwaji304:20171217164842j:image

住宅街なのに大騒ぎしてすみませんでした。

 

坂道を上り切ると空と街が一体となり広がるこの絶景!

f:id:miwaji304:20171217165045j:image 

この景色を見ながら育ちたかったと思うくらい素敵な場所でした。

かつてみやじ少年も此処から空を眺めたりしていたのでしょうか。

 

まだつづく。

 

みやじの足跡を辿る旅〜ついに直筆とご対面〜

さて、喫茶店の後はまた喫茶店へ。

こちらもみやじがよく足を運んでいたらしいLaLaガーデン(こちらも商店街です)の中にある喫茶店【デア】!

f:id:miwaji304:20171217153556j:image

ただならぬ気配を醸し出している入口。

いざ入店!

店員さんがキビキビ・サバサバしていて、絶妙な緊張感があります。

地元の方々が世間話に花を咲かせていました。

みやじが座っていたとされるお席はこちら!

f:id:miwaji304:20171217153622j:image

うう…何年前かわからないけど確実に此処にいたんだ…

お客さんが入ってくるたびみやじか?!と振り向いてしまうミーハーな自分がいました。

この写真を撮った後、おばあちゃん二人組がやってきてこちらの席に座られ、たっぷりのナポリタンをおしゃべりしながら完食。

食欲旺盛でとっても楽しそうなお二人。

推定45年後のみわじと近江屋を重ねてみたりして…

と、ここでも赤羽に住みたいね発言を連発。

「近江屋、赤羽に住んでデアで働きなよ!」

「いいねーでもそしたらみわじと一緒にお茶飲めないね」

「あーそうね じゃあやっぱり二人で赤羽に住んで〜」

夢の赤羽ライフ妄想ストーリーを延々と展開させる我等。

f:id:miwaji304:20171217155040j:image

友路有で珈琲を飲んだため、デアでは紅茶をいただく。

チーズケーキと合う〜美味!!

さて、お会計時に今回最大のミッション。

レジの所に一際オーラを放つみやじのサインが飾られており、どうしても撮りたかったみわじ。

店員さんに許可をいただき(お姉さんありがとうございました)、撮影に成功!

f:id:miwaji304:20171217155605j:image

緊張の為ブレブレwww

もっとゆっくり見たかった…

また行こう。

上機嫌でデアの階段を降りたら、またしても直筆とのご対面が待っておりました。

 

みやじの足跡を辿る旅〜ここからが本編〜

赤羽でつい呑み過ぎてしまい、翌日はひたすら寝ていたみわじ。。

さあ!頑張ろうぜ〜♪

ここからはエレカシファンの皆さんが訪れたいまたは訪れているであろう、赤羽のエレカシスポットを載せていきます。

まずはこちら!

 f:id:miwaji304:20171217024933j:image

みやじがよく通っていたという喫茶店【友路有】※トゥモローと読みます

赤羽駅東口を出て右に歩くとすぐです。

ブレンドコーヒーは少し苦め。

ピザトーストが想像以上に美味しい😍

昼時だった為か店内はあっという間に満席に。

煙草の香りとお客さんの話し声がほど良く絡み合い、窓からは駅前全体の賑わいが見渡せる。

近江屋と「赤羽に住みたいね!!」とひとしきり盛り上がる。


腹八分になったところでお店を出て歩いていた瞬間、突然近江屋が叫ぶ!

「ねえ!あそこエレカシって書いてない?!」

「えっどこどこ!!ウァッ!?」

f:id:miwaji304:20171217151659j:plain 

ジャジャーン!!!

ぎゃあああああ

なんて温かい街、赤羽!!

赤羽駅の商店街!その名も1番街!!

エレカシ3枚めのアルバム『浮世の夢』のジャケット写真に使われた場所ですね。


この横断幕の下でエレカシ四人並んで写真を撮って頂きたい。

岡田貴之氏、もしくは平間至氏…

是非此処で記念撮影をお願いいたします。

これ見たらエレカシのみんな喜ぶだろうなあ…

街がバンドを祝福してくれている光景ってのは良いものですね(涙)

f:id:miwaji304:20171217151931j:plain

はしゃぐみわじ。

ここで写真を撮っていると近江屋が女性に話しかけられる。

f:id:miwaji304:20171217152031j:plain

「この人たちは、有名なの?」

「はい!赤羽出身のエレファントカシマシというバンドで」

「あらそうなの〜紅白見てみるわ」

とのこと!!

ヤターッ視聴者お一人様ゲット!

赤羽の誇り、エレファントカシマシでーーーす!!!

と、千葉のみわじが熱く叫びたい衝動を抑えつつ、噂の喫茶デアに向かいました。

つづく。


みやじの足跡を辿る旅 〜熱の冷めないうちに編〜

みなさーん!!

47都道府県ツアー、富山オーバードホールでのファイナルが終わり呆然としているファンの方々も多いのではないでしょうか。

(3月にさいたまスーパーアリーナでの締めくくりもありますが…)

そんな中みわじはコツコツと過去のアルバムを買い集めたりしています。

それはそれとして

ずーーーっとやりたかったことを本日実行してまいりました!!

それは

みやじの育った赤羽をたっぷりと味わう旅でございます。(with近江屋)

がしかし、赤羽OK横丁にて日本酒🍶を大量に摂取してしまった為、臨場感重視で一番感動した景色を一発ドーンと載せたいと思います。

f:id:miwaji304:20171215234417j:image

ジャーララララー ラーララーラー

ジャーララララー ラーララーラー

ジャーララララー ラーララーラー

(略

京都ロームシアターの垂れ幕思い出しました。

しかもみやじの大好きな1番という響きの真下に😍

 

勝ちましたー!!!(爆)

PAO

昨夜ヘトヘトで帰宅したら

f:id:miwaji304:20171201070911j:image

f:id:miwaji304:20171201070915j:image

!!

f:id:miwaji304:20171201070919j:image

パォーーーーン!!!

来ましたエレファントカシマシ、オフィシャルファンクラブPAO会員証&キーホルダー(^○^)

可愛いよー❤️

みわじ珍しく絵文字使用しちゃうくらいのキュートさ。

いやーこれから本当に楽しみです。

会報が待ち遠しいなあ。

そして完売していたAll Time Best Album 『THE FIGHTING MAN』【デラックス盤】の再販が決まり、みわじは知った瞬間即注文しました!

これ凄いですよ!

期間限定のメンバーメッセージ映像こそ見られないそうですが、CD2枚+ボーナスCD+DVD2枚+フォトブックが付いて気になる価格はなんとまあ12,000円。

こりゃ破格です皆様。

だつてCD2枚+ボーナスCD+D

書いてんだから2回書かなくてもねw

とにかくお得。

ちなみにあの濃密なCDには心の栄養成分が存分に含まれており耳に流すと

①勇気が出る

②元気が出る

③やる気が出る

つまり

人生が楽しくなる!

といった素晴らしい効果が表れます。

副作用としてはその後紙幣が無くなるスピードが速まる事くらいでしょうかw

2018年1月15日のお昼12時までの受付ですのでお急ぎくださいませ。

オークションやアマゾネスなどで50,000円くらいで売ってるの見ましたが今だけ通常価格で、通常ルートで買えますからね!

 

それにしても、本当にエレカシの事務所様は素晴らしい。

ファンの望みや喜ぶことをよーーくわかっていらっしゃる!

今回の限定盤の再販とか、明日の奈良公演の立ち見席の売り出しとか

こうならないかなあ、と夢見たことをどんどん実現してくれている気がします。

個人的にはオハラブレイクで歌った51歳の『はじめての僕デス』が聴きたいのでどうにか映像化か音源化をお願いいたします。(礼)

35周年の時でも40周年の時でもいいから待ってます!!