汐留pitで運命感じちゃったから

愛する音楽について熱く語ります

泳げエレカシくん

エレファントカシマシ新春ライブ2020大阪フェスティバルホール‼️

WOWOWで録画したものを観ました。

結論から言うともうね、、

私がエレカシにどっぷりハマったきっかけになった2017年3月20日大阪城ホールWOWOW生中継を超えた気がします。

 

みやじの歌い方がソロ活動を経てますます極まってるではありませんか皆さん…(震え

そしてそして!!前回のブログでも書きましたが成ちゃん、トミ、石くんのパワーアップ感‼️✨‼️

ミーハーっぽい言い方になるけど、敢えて言おうではないか。

超絶カッケーーーーーーーー!!!!!!!!!!

三人が三人とも解き放たれてそれぞれ自由に、とても楽しそうに演奏してた。

そして‼️音楽知識ゼロのみわじが見てもわかるくらい技術が磨かれていました。

もちろんエレカシのライブなんだけど海外の風を感じた(←みわじ日本から出たことないのにさw)

 

アンコールラスト『ファイティングマン』の半ばで「オゥ〜イェエ〜🎵」って間奏部分に笑顔で映ったトミについては必ず書かねばなりません!!

バンドの兄貴はエレファントカシマシを誰よりも愛していて、ドラムが大好きでたまらなくて、寝食を忘れ(ていたかどうかは不明)、夢中で練習して記録更新を続けている。それがトミ。

そんなトミは遂に音楽という異空間に招かれて、気持ちよさそうに音の波の中で泳いでた。

みわじの目には本当にそう映りました。

音楽というものは手で触れることが出来なくて、いくら聴いても足りないからもっともっと欲しくなる。

もどかしいから自分が今聴いている音の世界に入り込んで生きられたらいいのに!と思ったこともある。

だけど。

そう、トミをはじめエレファントカシマシはまさしく音の中に溶け込んで生きていた。

羨ましさを覚えるほどに。

 

四人は30周年イヤーを駆け抜けて、みやじのソロ活動スタートをきっかけに基本をまた一から丁寧に振り返って沢山練習を積み重ねたのだと思う。

※因みにアーティストに限らずそれが出来る所謂ベテランの方々については無条件に尊敬&信頼しています。

どうしても仕事に慣れて来ると初心も基本も疎かになりがち。

新入社員の頃、みわじハタチ。

先輩方は優しいひとばかり…では無いですよね?現実ってのは。

当時同僚の悪口を言って笑う人や文句ばかり言う人が何人かいて、みわじは思った。

この職場を良くしたい。

怖くて質問もできないような先輩には絶対になるまい。

こんな先輩がいてくれたら、とハタチの私が思い描いた理想の先輩に自分がなる。

いつか絶対に…

と昨日思ってたはずが早17年過ぎた(爆)光速w

今や良き後輩に恵まれ、公私共に頼りまくる毎日。

私はあの頃思い描いた理想の先輩になれているだろうか。

🎵あれから〜僕たちは〜何かを(略

なんとなく突然脳内に夜空ノムコウw

支離滅裂になってきたけど何が言いたいかというと、昔の自分が抱いた純粋な想いを裏切らないことが大切だと思うんです。

大人になって色々あって心が歪みそうになっても、それだけは捨てちゃいけない。

…もしかしたら、エレカシの音楽からこれだけの気付きを得ているっていうこと自体、私も音の大海原で泳げているのかもしれない。

現実では13mしか泳げたことがないカナヅチみわじですがね(しかも息継ぎなしw)

 

ああ本当に素晴らしい新春ライブ中継でした。

東京初日にやらなかった『涙』や『星の砂』も感動した…WOWOW様ありがとうございます。

 

そうだ!前回のブログでネタバレになるかと思い曲名を伏せてましたが、私が仙台pitを思い出した大好きな曲は『旅』でした。

「🎵無様な面で言い訳なんかしたくないのさやってやろうぜ🎵」

全く気持ちの乗らない平日の朝に必ずと言っていいほど通勤電車の中で聴いてますが、効果絶大。

平凡な日常を愛したいひとこそ、エレファントカシマシを聴いてくれエビバデイェー‼️‼️

みやじ降臨

 

みわじの2020は今日から本格的に始まるよーー!!!←ライブのみやじ風にどうぞ

 

魔法の粉

あけましておめでとうございます!

みわじです。

タイトルはS尻様やASKA氏とは無関係です念のため(爆)

 

2019年は更新が滞り申し訳なかったです。

というのも7月頃から体調を崩しがちで仕事に行くのもしんどい時期がありました。

このまま社会復帰できなかったらどうしよう?

不安を抱えつつ過ごしていた師走。

11月の大腸内視鏡検査の時には『俺たちの明日』をBGMに(というより さぁがんばろうぜ! の部分を手動で繰り返し流してたw)腸内洗浄剤を5時間かけて飲みました。

12月には仕事で乗り越えねばならない壁があり、『RESTART』の歌なしバージョンを延々聴きながら電車の中で資料を暗記したりしていました。

気が付けばいつも私の傍らにエレファントカシマシの音楽が寄り添ってくれていた。

思い通りに行かない悔しい時も、もう駄目かも知れないと落ち込んだ時も。

みわじ的どん底期、辛かったけどこの経験をして良かったと今は心から思える。

今まで想像しかできなかったことを体感したことにより、苦しんでる誰かに共感できることがまたひとつ増えたから。。

 

「長いトンネルを抜けるとそこは東京国際フォーラムだった」川端みわじ

f:id:miwaji304:20200104223915j:image

SO!

本日エレファントカシマシ新春コンサートでございました!!!

私の大好きなあの曲が聴けて、2018夏の仙台pitが蘇りました。with近江屋

みやじの歌はピーターパンに出てくるティンカーベルの粉みたい。

ティンカーベルの粉を浴びると空を飛べるんだけども、みやじの美しい歌声も同じ。

浴びていると乾いていた心もみるみる潤って活力が湧いてくるのです。

そう思ったのは、今回が初めてでした。

 

花札タオルも買いました。

ピンバッジはC以外全部購入(全種類買わなくてごめん)

※カレンダーは17時過ぎに売り切れてました。

f:id:miwaji304:20200104230041j:image

これから行かれる方楽しんできてください!!!エレカシ絶好調!

昨年からみやじのソロ活動が目立ちますが、3時間観てもまだまだ観たい!と思わせてくれる素晴らしいコンサートでした。

みやじはますます歌が洗練されていたし、成ちゃん、トミ、石くんみんな物凄い練習したんだろうなとわかるドッシリ構えた揺るが無い演奏。

それぞれの腕に磨きがかかっていて、カッコいい大人の音がしました。

 

乞うご期待!!

 

【業務連絡】みわじは元気です

かれこれ四ヶ月も更新していないのにアクセス数があることを確認し、なんとも言えない気持ちになっていますみわじです。

みやじがソロであんなに活躍しているのに!!

ベストアルバムを出した林檎さんのこともたくさん書きたいのに!!

他にも私の大切なバンドについても書きまくりたい!!

だのにだのに

なんとなく、とか気の向くままに、とか

パパッと器用に書けない性質ですみません。

 

今年は体調が思わしくない日々が続いており、ブログを更新できない分Twitterで日々生まれる想いを小出しに吐露しています。

 

検査などもして大体体調不良の原因もわかったので年内にはみわじの身体も落ち着いてくるはず!

貴重な汐運の読者の皆さま、ご心配なさらないでくださいませ‼️‼️

とりあえずこんな感じでトレンドは抑えてるんで!(爆)

f:id:miwaji304:20191121211652j:image

※まだ読めてません

 

野音に想いを馳せて

気が付けば七夕です。

昨日エレカシ野音に行かれた方、いかがでしたかーッ‼️やったネーーーッ

みわじは一年前の土砂降りの野音を思い出しながら、Twitterでセットリストなどチェックしておりました。なんとも胸アツな曲ばかり…

日比谷公園ってとにかくロケーションが素晴らしいですよね。

東京の、日本のど真ん中。

大都会のビルに囲まれながらも其処にしっかりと存在する緑の木々たち。

この感じがまずエレファントカシマシにピッタリだと思うのです。

都会的な大人でありながら、大自然の一部であること。

喩えばみわじは仕事の人間関係で疲れることがしばしばあります。

働くことに対しての価値観が異なる人は沢山いるし、何が正解かはわかりません。

表立っての喧嘩や言い争いはしませんが(※平和主義)、職場のメンバーと精神的な対立をすることは結構あるのです。

そんなある日、相手の働く姿勢に苛々し会話もろくにせず退社して、ふと空を見上げたらビルの隙間が夕焼け色に染まっていて、ハッとしたことがありました。

イガイガしていた心が丸く落ち着いていくのを感じたみわじ。

圧倒的な自然美を前にすると、悩んでいること自体馬鹿馬鹿しく思えて来るのです。

その直後に偶然、対立していた相手に遭遇し、いつも通り穏やかに接することが出来た…そんな思い出があります。

エレカシの音には、そういった「圧倒的な自然美」に似たものを感じます。

だからみやじの歌にグッときて涙したり、トミのドラムに無条件に興奮したり、石くんのギターに大切な記憶が蘇ったり、成ちゃんのベースに背筋が伸びたりするんだと思う。

私も頑張りたい‼️って本気で思うんです。

(その後頑張れるのかは別として)

エレカシのコンサートを体感した方々きっと共感してくださると思うのですが、彼らのステージを観ていると無敵になれる&今後何でも乗り越えられる気がして来ませんかね

みわじはいつもそうなのです。

 

そして今何故ブログを久々に更新したかというと、嬉しいことがあったから…

 

な、ん、と

遂にこのブログがTwitterで引用リツイート(って言うのが正しいのか謎)されているのをハケーーーーン‼️😭👍✨

みわじ、嬉しすぎました。

全く知らない方に、拙者のブログが何らかの印象を残せたってことなのかなと…

ここ最近、更新していないのにアクセス数があるのはその為でしょうか?!

継続は力なりって本当だと思うので、更新頻度低いですが今後ともシクヨロでございます皆様‼️

 

余談ですが

昨日みわじ日比谷公園には行けなかったけれども入谷の朝顔市と駒込六義園に行って参りました。

朝顔市は人が沢山いて熱気と活気にワクワクしたし、六義園は紫陽花のインクのような色彩と初夏の溌剌とした緑が見事にコラボしてて目に優しく、蒸気でアイマスクを遥かに超える癒し効果がありました。

 

日本には、この季節にしか味わえない情緒があります。

朝顔市は7/6〜8の開催です。

梅雨だからこそ出掛けようぜ〜🎵

 

f:id:miwaji304:20190707011828j:image

f:id:miwaji304:20190707011031j:image

 

今日野音行かれる方、思いっ切り楽しんできてください!!!

 

死ぬまで生きる

重々しいタイトルですみません

というか令和になって初のブログ更新です本当に申し訳ない‼️

いくらなんでも、緩すぎますよね。

というのも みわじなりに葛藤してたんですここ最近

エレファントカシマシの音楽について熱く語ろうと決めて始めたこの拙いブログ。

やがてみやじのソロ活動が始まり『明日以外すべて燃やせ』でスカパラとコラボしたり『獣ゆく細道』で林檎さんとデュエットしたり、みやじだけで月桂冠ソフトバンクのCMに出たり…今後の展開も勿論楽しみなのですが、

がっ‼️

がっ‼️

がっがっが‼️

🎵わたくしはぁ〜ちんきお〜とこっ🎵

ってな具合に

みわじはやっぱりエレファントカシマシが好きだってことに改めて気付きました。

誤解しないで頂きたいのは、ソロが嫌だとかそういう話では無いのです。

ただ単純に、エレファントカシマシの演奏が聴きたいんです。

トミ、成ちゃん、石くん、みやじの四人がいっせいに音を重ね合わせている時のあの打ち上げ花火のような瞬間的な爆発が、私はとても好きなのです。

それはもしかしたら私が自分自身味わったかつての青春の残像と、エレカシの四人を無意識に重ね合わせているからかも知れません。

ちなみに七月に行われる野音PAO先行の抽選は見事落選

去年が奇跡だったのか。。

しかしめげずに一般も応募してみようと思っております。

一般抽選受付は6/6(木)〜9(日)ですよ皆さん!!

※今回の野音は写真付きの身分証明書の提示が必要らしく、海外に足を踏み入れたことのないみわじはパスポートも無ければ運転免許証も無いため、これを機にマイナンバーカードを作りましたw

スマホから申請して約一ヶ月で役所からハガキが届きましたので、みわじと同じような方がいらっしゃったらマイナンバーカードの作成はお早めにどうぞ。

 

そんなこんなで野音が外れて意気消沈する間も無く椎名林檎さんのニューアルバム『三毒史』を聴いて完全に打ちのめされてしまったみわじ。

『獣ゆく細道』が単体で聴くのとは全く別の鳴り方をするんですよ‼️

一曲目の『鶏と蛇と豚』から間髪入れずに流れてくるみやじの声。

人間の中に生まれた時から潜む三つの煩悩(貪瞋痴←とんしんち)を表す動物たちが鷄と蛇と豚らしいです。

 

自分の好むものをむさぼり求める→貪

自分の嫌いなものを憎み嫌悪する→瞋

物事に的確な判断を下せず迷い惑う→痴

(参考:ブリタニカ国際大百科事典)

 

これを三毒とする…

みわじは全く三毒についても知りませんでしたから、『鶏と蛇と豚』を初めて聴いた時、歌の始まりがお経とは?!と少々戸惑いました。

林檎さんの素晴らしいと思う魅力のひとつは、

自分にとって遠い世界だと思っていた分野もグッと身近に感じさせてくれるところ。

きちんと根拠があってのお経だったりタイトルだったりして、自分の隠し持つ偏見のようないわゆる邪魔なものが自然に剥がされていくようでした。

三毒も認めたうえで命を使い切る覚悟を持って走る二人だからこそ完成した『獣ゆく細道』、アルバムで聴いて益々好きになりました。

 

皆さま、私は酉年ということもあり鶏が表す貪が色濃い人間なので、好きなことについては多少型を破ってでも発信していきたいと思っています。

汐留pitで運命感じちゃったエレファントカシマシ以外の色々も今後はどんどん載せて行きたいので、エレカシファンの皆さま、読んでいて退屈に感じたらすみません。

 

令和になり、書きたいことも益々増えてきたみわじ。

いつか終わるその日まで、憧れのひとに少しでも近付けるように、三毒と手を繋いで自分の道を突き進みたいと思います。

f:id:miwaji304:20190602231015j:image

写真は、汐留pit跡地付近にて好きなものだけ貪り食う三毒まみれのみわじ。(昨日)

 

みやじ愛りんご愛

皆さまこんにちは。

ただいま10連休中の方が多いのでしょうか?

みわじもそのうちの一人…だのに汐運の更新が滞り、もはや月イチペースになってしまっている怠慢をお許しください。 

とは言え宮本散歩中のInstagramTwitterなどは毎日チェックしております。

真偽のほどはわかりませんが、原宿でみやじが黄色のオープンカーを運転していたという目撃情報や、何処かのアウトレットで誰かとお買い物していたという噂などがSNS上では飛び交っており、プチ興奮のみわじ。

平日の朝と夜、汐留のとある駐車場でみやじと出くわすことを想定して台本を考えているのはここだけの秘密(爆&爆)

 

そんなことはどうでもいいとして…気が付けばこのブログを始めてから、なんと二年の月日が流れておりました‼️

こんなに継続していられるとは思わなかった。ワーイ🙌

始めた当時は変なコメント来たらどうしようとか、Twitterとか5ちゃんねるで叩かれたり晒されたらガクブル!!!と無駄にドキドキしていましたが…優しい読者の方々に温かく見守られて平和にやっております。

読んでくださってありがとうございます😊

 

ところで今日は自宅で椎名林檎さんのデビュー20周年アリーナツアー「不惑の余裕」を鑑賞しました。

実はみわじ、このツアーがディスク化されると知った時、以前WOWOWで放映されたものを観ていたので購入しようか一瞬悩みました…

がっ!!!

我らがみやじと林檎さんのデュエット「獣ゆく細道」に加え「悲しみの果て」が収録されていることを知り、光の速さで即決‼️

いやーーーまさかと思いました。

こういったコラボレーション作品って大人の事情で音源化されないことの方が多いですよね。

林檎さんで例えるなら2000年の座禅エクスタシーで歌ったセックス・ピストルズの「EMI」だとか、2015年のライブツアー百鬼夜行でのSMAPの「華麗なる逆襲」とか。

それ聴きたかったやつうう!という作品がことごとくカットされてるっていうね。

エレカシも同様に2018年に行われたSpitz&Mr.Childrenとの夢の競演は映像化されていないではありませんか。。ヨヨヨ。。こりゃもうぽろりが出ちゃうほどにこにこぷんでございます(?)

まあそうは言ってもわかります。事務所が違うし権利がどうのとかお金がどうとかあるのでしょう。

でも!今回の「悲しみの果て」については本当に嬉しかった。

エレカシの事務所様?になるのかな?心からありがとうございます!!

 

林檎さんのお誕生日を祝いながら歌うみやじの表情が柔らかく、やさしく、たまらなく素敵だった。

そしてそのみやじの一番近くにいる林檎さんの嬉しそうなお顔!

林檎さんはデビュー前からエレカシの大ファンで、そんな憧れのみやじと一緒に大好きな「悲しみの果て」を歌うお誕生日1125…しかも地元さいたまの地で!

林檎さんは少し緊張してるのだろうか?と思うほど大切に、一文字一文字を自分の心に刻むように歌っているように見えた。

「部屋を飾ろう コーヒーを飲もう」の箇所はなんと二人のハモリ!!!林檎さん高音!みやじの美声と見事に重なってゾワっと来た。

林檎さんの笑顔から溢れ出る高揚感が伝わってきて、ああ、今こそが沢山の苦労が報われる瞬間というやつなんだろうなと思った。

 

「悲しみの果ては素晴らしい日々を送っていこうぜ」

まさにみやじと林檎さんはこの歌詞を見事に体現して、顔も名前も知らない沢山の人達の瞳を輝かせ、背中を押し、希望という名の明日を作ってくれたのでした。

 

今の私はこのお二人がいなかったら成り立たなかったと言っても過言ではありません。

ビタミン剤だったり起爆剤だったり、時に精神安定剤だったり。

平成の終わりに、まさか大好きな二人の「悲しみの果て」を聴けるとは思わなかった。

みやじ、林檎さんありがとう!

 

さぁもう間も無く新しい時代に突入します。

みわじ令和初のコンサートは日比谷野音をキボンヌしますw

当たってくれーーーPAOまだ?w

 

㊗️31周年㊗️

♫デーデーデレデレレッ デーデーデレデレレッ♫エレファントカシマシ、デビュー31周年おめでとうございまーーーす!!!デデデデッ♫

そう!1988年の3月21日、エレカシはEPICソニーよりシングル「デーデ」でデビューいたしました。カップリングはあの、「ポリスター」ですよ!2曲とも大好きな曲!!

因みにみわじはいつかの日かポリスターをコンサートで聴きたいと思っているのです。まだ生で聴いたことはなくて。。

初めてこの曲を聴いた時は何となくすかんちの「YOU YOU YOU」を彷彿とさせ、勝手に天才てれびくんを思い出し、懐かしさを感じておりました。楽しみ方は人それぞれ…

ノリの良い踊りたくなっちゃうメロディは勿論、ポリスターのチキショー感と当時の巷のチャラチャラした軽いノリや風潮が許せないみやじのイガイガした感情がぬおーーっと表れてて、とっても大好きなんですよね!!

と、先にB面を熱く語ってしまいましたが、

今も「デーデ」を聴くとこの歌はみやじにほんとピッタリだと思うし、らしさ全開で、この一曲にみやじの魅力が凝縮されてると思うんですよね。

単なるロックンロールというジャンルにとどまらず、ユーモアも皮肉もあって、面白くてカッコよくて、支離滅裂かと思えば共感する部分も沢山あって…とにかく楽しい。

デビュー曲が全く色褪せず、むしろ今52歳になったエレカシが演奏してめちゃくちゃカッコいいって、凄いことだと思うんですこれは!

林檎さんだってデビュー曲の「幸福論」は今歌うと恥ずかしいから悦楽編(ロックアレンジ)を作ったというようなことを言っていたし、ライヴでもほとんどやらない。

ミスチルだってデビューアルバム「EVERYTHING」の曲をコンサートで定期的にやっているかというとそうでもなさそうだし、スピッツだって…(しつこいw

30周年を過ぎてなお、新たなファン層を獲得しているエレカシ

如何に進化が止まらないかっていう証ですよね。

何歳になろうと守りに入らず死ぬまで成長を続けて行くであろうみやじ。。

ソロ活動という大冒険(ご本人曰く散歩)に出発したばかりのみやじを見ていると、やることなすこと格好良すぎて私も早く52歳になりたい!とまで思える謎。

ダラダラ生きていても、手を抜いて働いていても、寿命があれば私も52歳にきっとなる。

でも私はそんなの嫌だ。

消化試合みたいな人生なんてまっぴら御免!

今なんだよ今!大事なのも確かなのも、自分で自分の人生をコントロール出来るのは今だけなんだ。

と、自分を奮い立たせているみわじは今日家から一歩も出ずにスマホいじり&惰眠を貪っておりました

矛盾ーー

いやいや、疲れたらそのまま寝ちまえばEんだよねみやじ!

人間、ダラダラする時間も大事。

その辺のバランスを取りつつ自分なりに精一杯「己自身の道を歩む」のです!

↑完全にみやじ教w

 

さて、そんなみわじの拙いブログも今回でなんと100件目でした!!バンザーイ!

更新してないのにアクセスして下さってる多分身内の方々、どうもありがとうございますw

 

今後も不定期ではありますが書くことを続けて行きたいと思います。

 

桜の開花宣言と共にエレカシの32年目がスタートだー!!